買取Q&A

買取や査定に関する疑問を一気に解決!

買取全般について

Q.何冊から買取をしているのですか?

A.

100冊から買取しています。
ただし古典籍・絵葉書・古地図・紙もの・昭和30年代映画パンフレット・戦前資料・戦前チラシ・浮世絵などは少量からお伺いいたします。まずはお問合せください。

Q.再度、出張買取をお願いする際はもう一度メールをした方がよいですか?

A.

一度、お伺いさせて頂いたお客様には、店主の名刺をお渡ししております。
名刺には店主直通携帯電話の番号が記載して御座います。そちらにご連絡して頂いてもかまいません。

取り扱いのジャンルについて

Q. やっぱりきれいな本が高価買取なのですか?汚い本ばかりで不安です

A.

いいえ、きれいな本が高価だとは限りません。
古い汚い本が売れないとは大きな間違いです。お宝本は古い汚い本に多いのです。

Q.CD・ゲームソフトの買取はしていますか?

A.

きたむら書店は、古本・古書がメインですが、CD・ゲームソフト・DVD・ポスター・映画のパンフレット・掛軸・浮世絵もご相談に応じます。

Q.ポスター・映画の古いチラシ・掛軸・浮世絵など本以外も買取できますか?

A.

紙物ならばなんでも買取させて頂きます。ご相談ください。

買取前の準備について

Q.買取をお願いする場合、本のリストが必要ですか?

A.

出張買取・店頭買取の場合は基本的にリスト作成の必要はありません。きたむら書店では、『古本・古書は直接拝見させて頂いてから査定買取をする』が基本です。

出張買取について

Q.本はすべて持っていってくれるのですか?

A.

はい。原則としてすべて持っていきますが、買取の出来ない書籍等もございます。
お客様の希望であれば買取の出来ない書籍もご相談応じます。
引取り手数料等はいただきません。

宅配買取について

Q.段ボールにはどのようにつめたらよいでしょうか?

A.

段ボールに本は、横向きで詰めていきましょう。
横向きとは、本を寝かせた状態です。
また、本には様々なサイズがあるため、できるだけサイズをそろえ隙間をつめながら入れましょう。
隙間が大きい場合は、新聞紙などの紙をクッション代わりに詰めていれると、万が一運送屋さんが段ボールを落としてしまった場合でも、破損を防ぐことができます。

査定方法について

Q.本の査定を行うのはどなたですか?

A.

出張買取の場合は必ず店主がお伺い致します。

Q.査定方法はどのように行っていますか?

A.

書籍によって変わります。当社においてはマニュアル的に査定するものと古典籍や稀覯本等はマニュアルで査定できないものとあります。特に査定金額の上限は決めておりません。

その他

Q.電話かメールで見積もりをお願いする事は出来ますか?

A.

可能ですが当社においては原則、書籍は拝見させて頂いてからの見積りとなります。
お電話やメールで等で買取金額お問合せは、査定金額をお知らせ致しますが、書籍の状態等により査定額は高低致しますので、あくまでも参考金額と考えてください。

お問い合わせ

古書・古本買取専用

0120-858-228OPEN OUR 10:00~19:00

お急ぎの場合はこちらまで
080-3466-3640(受付時間 10:00~21:00)

メールでのお申込はこちら